FC2ブログ
 

第一章 初戦 16

青年は短い黒髪を逆立て、橙色の上衣と同色の帯、灰色の長ズボン状の琉球袴を身に着けていた。


一方、若い女は長い黒髪をポニーテールのように後頭部でまとめて総髪にしており、梅の花模様が入った藍色の上衣と同色の帯、灰色の長ズボン状の琉球袴を身に着けている。


そして、彼ら2人より大きな体格を持つ若い男も黒髪を短く整え、鳶色の上衣と同色の帯、灰色の長ズボン状の琉球袴を身に着けて、右手に明かりの点いた提灯を手にしていた。


彼らの所へ守央達がやって来ると、守央は青年に声を掛けた。


「よう、清栄(せいえい)。久し振りだな」


清栄と呼ばれた青年が守央の方を振り向くと、清栄は驚いたように一瞬ハッと目を見開き、やがて笑顔を浮かべた。


「守央さん!? 久し振りじゃないですか~! 最近顔を見せなくなったからどうしたのかと……」


「仕事が忙しくてな、なかなかこっちに来る暇が無かったんだ」


守央と清栄が話し始めると、それに気づいた若い女と背の高い大きな体格の若い男も振り向き、守央の顔を見るなり嬉しそうな表情を浮かべる。


「あっ、守央さん!」


「お久し振りです、守央さん。まさか、またこちらにいらしてたとは……」


「お前らも元気そうで何よりだ。知子(ちこ)はまた綺麗になったな。男でも出来たのか?」


守央にそう言われると、知子と呼ばれた若い女は両手を頬に当てながらはにかんだ。


「やだも~、守央さんったら~! 褒めても何も出ませんよ~? ちなみに、お婿さんはまだ募集中で~す!」


すると、背の高い大きな体格の若い男は、きょとんとした表情を浮かべて知子に疑問を投げかけた。
スポンサーサイト



 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

ジェド(jed)

Author:ジェド(jed)
ツイッター(@jed_restart)
https://twitter.com/jed_restart

オリジナルグッズ販売中!
https://jed-vin.booth.pm/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR