FC2ブログ
 

第一章 初戦 31

するとその瞬間、由佳は右手で知子の左拳を左に受け流し、同時に右下段廻し蹴りを知子の左大腿に食らわせた。


そして、由佳が続けて知子の腹に左中段廻し蹴りを食らわせると、知子は顔をしかめながら体をくの字に曲げ、よろめきながら後ろへ下がる。


「くっ……!」


知子はすぐに構え直すと、今度は左足を1歩前に踏み込みながら右上段廻し蹴りを繰り出した。


「せいやぁあっ!!」


しかし、由佳は左腕で知子の蹴りを防ぐと同時に左横蹴りを知子の左膝関節の内側に食らわせ、知子の体勢を崩した。


知子は後方へ尻餅をつくように仰向けで倒れると、すぐに上体を起こして険しい表情を露にする。


(なんて速い反撃なの!?まるでこっちの動きが読まれてるみたいに先を取られる!あの反撃を封じないと、あたしに勝ち目は無い。だったら……)


知子が思案を巡らせていると、彼女の目の前で左足を1歩前に踏み出して夫婦手に構えている由佳は、口元に不敵な笑みを浮かべていた。


「降参……は、まだしないですよね?」


由佳にそう言われると、知子はふと我に返ったように一瞬ハッとした表情を浮かべたが、やがて彼女も口元に不敵な笑みを見せ、由佳の言葉に答えた。


「フン、もちろんよ。あたしはそう簡単に、勝負を諦めたりしないわ!」


そして、知子はそう叫ぶと同時に、その場で素早く立ち上がりながら由佳に向かって飛びかかり、右飛び横蹴りを繰り出した。


由佳が咄嗟に後ろへ飛び退いて知子の飛び蹴りをかわすと、知子はさらに左足を1歩前に踏み込み、由佳の顔や腹目掛けて左右の前蹴りや廻し蹴り、正拳突きや裏廻し蹴りなどを連続で放ち始める。
スポンサーサイト



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

ジェド(jed)

Author:ジェド(jed)
ツイッター(@jed_restart)
https://twitter.com/jed_restart

オリジナルグッズ販売中!
https://jed-vin.booth.pm/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR