FC2ブログ
 

第二章 真意 前篇 4

「な……なんだ、てめぇ!」


「誰に断ってここに上がり込んで来やがった!? ああ!?」


「ここはてめぇみてぇな女が上がっていい所じゃねぇんだよ!! コラァ!!」


「さっさと失せろ、くそアマがぁあっ!!」


坊主頭の男は激昂しながら立ち上がると、右の拳を振り上げて少女を殴りつけようとした。


しかしその瞬間、少女は坊主頭の男が拳を振るうよりも先に右上段前蹴りを放ち、坊主頭の男を部屋の奥まで蹴り飛ばしてしまった。


思い切り顔面を蹴られた坊主頭の男は、倒れたまま気を失っており、起き上がることが出来ない。


そして、そんな様子を見た松浦達が怒りに身を任せて素早く立ち上がり、少女に向かって一斉に襲い掛かると、彼らの間で激しい乱闘が始まった。


少女は様々な軌道を描く突きや蹴りを放って、次々と松浦達を打ち倒し始めるが、松浦達も倒される度に何度も起き上がり、雄叫びを挙げながら無我夢中で拳を振り上げる。


しかし、少女は松浦達によって振り下ろされる拳を易々とかわしながら、一方的に鋭い突きや蹴りを松浦達に食らわせ、1人また1人と彼らを打ち倒していった。


やがて、最初に打ち倒された坊主頭の男に続いて、2人の男達も力尽きて倒れると、1人残った松浦は恐怖で怯えた表情を露にし、座り込んだまま部屋の奥まで後退りし始めた。


「ひぃっ……! や、やめてくれ……! 頼む……! い、命だけは……!」
スポンサーサイト



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

ジェド(jed)

Author:ジェド(jed)
ツイッター(@jed_restart)
https://twitter.com/jed_restart

オリジナルグッズ販売中!
https://jed-vin.booth.pm/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR