FC2ブログ
 

第二章 真意 前篇 9

男がそう話を続けると、今度は世璋が呆れた様子を見せながら口を開いた。


「てことはつまり、今回の件は大和出身の海賊同士が、利権欲しさにいざこざを起こしたってだけの話になる訳か……人様に迷惑かけてる海賊同士が、潰し合いしたあげく両方とも自滅してくれるってんなら、放ったらかしといても良かったんじゃねぇか?」


「いや、事はそう単純な話じゃない。本土人が沖縄で凶悪犯罪を起こしたという話が広まれば、頑固党の連中は黙っていないはずだ。知っての通り、今の沖縄では親日派の開化党と親清派の頑固党の間で、激しい政争が勃発している。現在は政府が旧慣温存政策を実施しているおかげで、特に王族や士族のような旧支配層の大半はある程度政府の方針に協力的な立場を取っているが、もし今回の件を機に沖縄県内で反日感情が高まれば、勢いづいた頑固党に味方する王族や士族も増加するかもしれん。加えて、治安の悪化は沖縄に対して本土人が抱いている印象に悪影響を与えることになる。そのせいで経済活動の停滞が引き起こされれば、沖縄県内の社会不安もさらに増大することになるだろう」


そう答えた男に対し、守央は話に納得しながらさらに口を開く。


「確かにそんなことになれば一大事ですね。なるべく早く警察には動いてもらって、状況が酷くなる前に事件を解決してもらいたいところですが、その辺はどうなんですか?警察の捜査の進展状況とかは……?」
スポンサーサイト



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

ジェド(jed)

Author:ジェド(jed)
ツイッター(@jed_restart)
https://twitter.com/jed_restart

オリジナルグッズ販売中!
https://jed-vin.booth.pm/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR