FC2ブログ
 

第二章 真意 前篇 19

泉崎村東部――


世璋と守央は、人通りの少ないのどかな住宅街の道を歩いていた。


「う~ん、今回の依頼……まあ、人探しが地道で大変でめんどくさいのはいつものことだとして、仮にその梨奈って娘を見つけられたとしても、あの長嶺の旦那の所に帰すのは正直難しそうだよな~」


「ああ。確かに、今回は捜索対象者を見つけて終わりって訳にもいかないな。もし、長嶺さんの話が本当だとすれば、弟子と師匠の間に考え方の差があり過ぎて、そもそも2人の相性が悪い」


「そこなんだよな~……現時点じゃ、捜索対象者が行方不明になった理由と、長嶺の旦那の指導方針を結び付けられる客観的な証拠はどこにもねぇが、それでも今日の話を聞いた限り他にもっともらしい理由もねぇ。あの後、捜索対象者の両親から聞いた話も、特に参考にならないだろうしな~……」


「となると、やっぱり長嶺さんの話を参考にして、捜索するのが一番良さそうだな。型稽古が嫌で家出するなんて、随分思い切った行動だとは思うが……」


「けど、型稽古ばっかりってのも確かに退屈だよな~……それに、型を通して覚えられる技ってのも、実際に組手を通して練習しないと細かいコツが身に付かねぇ。長嶺の旦那が言いたいこともわかるけどよ、せめて変手と約束組手の稽古はもう少し増やしてやってもいいんじゃねぇかな~?」


「変手なら、型の動きを細かく分解しながら組手形式で練習出来るから、型の理解も深まる。約束組手も、イリクミやカキダミシみたいに自由に技を掛け合う訳じゃないから、型稽古で習得した体の動きを崩さずに対人練習をするには最適だな」
スポンサーサイト



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

ジェド(jed)

Author:ジェド(jed)
ツイッター(@jed_restart)
https://twitter.com/jed_restart

オリジナルグッズ販売中!
https://jed-vin.booth.pm/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR