FC2ブログ
 

第二章 真意 前篇 41

そして、守優達が怯んだ隙に梨奈はその場から走り去り、村上達と共に砂浜の遥か遠くへと逃走していった。


やがて、守優達の咳が治まって目も利くようになると、砂浜の遥か遠くへ逃走した梨奈と村上達の後ろ姿は、既に見えなくなっていた。


守優は険しい表情を浮かべ、砂浜の遥か遠くを睨み付ける。


「ちくしょう、逃げられちまったか……」


彼の隣に立つ守善と由佳も、額に冷や汗を浮かべながら、同じく砂浜の遥か遠くに目を向けた。


「かなり強い女の子だったね。守優と互角にやり合うなんて……」


「けど、あの男の人達……なんで、守優と戦ってる最中のあの子を連れていっちゃったんだろう?」


さらに由佳達3人の後ろでは、守央と義明、世璋の3人も話をしていた。


「長嶺さん、あの少女はやはり……」


「ええ、間違いありません。彼女が梨奈です。先日から行方不明になっていた、私の弟子です。しかし、彼女と一緒にいたあの男達はいったい……」


「う~ん、どうもまた面倒なことになってきたな~……」


一方、梨奈に蹴り倒されて気絶していた5人の男達は、顔をしかめながら上体を起こし、険しい表情を浮かべていた。


「いてててて……くそっ、あのアマ……」


「やっぱり、あいつらに雇われてたのか……おい、お前ら。あいつの顔、確認出来たか?」


「ああ、バッチリだ。ついでに、村上の野郎の顔を拝めたぜ」
スポンサーサイト



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

ジェド(jed)

Author:ジェド(jed)
ツイッター(@jed_restart)
https://twitter.com/jed_restart

オリジナルグッズ販売中!
https://jed-vin.booth.pm/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR