FC2ブログ
 

第三章 真意 後篇 1

◆琉球豆知識・参 「古流空手の教授法」


 琉球王国時代、空手の教授法は「個人教授」もしくは「少人数教授」である場合が多かったとされている。1人の師が一度に教える弟子の数は1人から数人であり、中には入門志願者の高い身分や人脈、並々ならぬ熱意などを理由に、本当に信用出来る者しか弟子にしないという厳格な武術指導者もいたといわれている。

 また、練習場所についても、専用の道場を持つ指導者は当時いなかったとされ、師の自宅や墓地などを弟子が訪れて教えを乞うことが通例であった。ただし、本部御殿に空手の家庭教師として招かれていた首里手の大家・糸洲安恒のように、弟子が王族や上級士族などの高い身分の出身である場合には、師の方から弟子の自宅へ出向いて空手を教えることもあった。
 いずれもこうした人目につかない場所で空手を教授していた背景には、当時薩摩藩から派遣されていた在番役人を警戒する理由があった他、門外漢からカキダミシや立ち会いを挑まれないようにする意味合いもあったとされる。さらに、秘密主義を徹底していた例として、夜や早朝に空手を教える武術家がいた他、弟子の方も巻藁打ちの際に音を立てないようにしたり、同じく防音対策で藁を巻いた棒を使って棒術の組手稽古をしていたという逸話もある。

 今日のように、1人の師が一度に多人数の弟子を同時に指導し、それまで神秘のベールに包まれていた空手が広く一般に公開されるようになったのは、20世紀以降といわれている。1901年以降、空手が沖縄の小学校や旧制中学校、師範学校などで体育の種目として採用された他、糸洲安恒が学校指導用としてピンアン(平安)の型を創作し、師の号令に合わせて多数の生徒が同時に型や技を練習出来るようになったことが、空手の教授法にこうした変化をもたらした。
 現代でも、ピンアンは多くの空手流派や道場で入門後最初期に習う基本の型として伝承されており、明治期に変質した空手の教授法が今日まで受け継がれていることを実感することが出来る。


※参考文献
・日本空手道糸洲会「流祖:糸洲安恒」
https://www.karatedo.co.jp/itosu-kai/yurai/yurai-ind.html

・本部流公式ホームページ「本部朝基翁に実戦談を聴く」
https://www.motobu-ryu.org/本部拳法/本部朝基翁に実戦談を聴く/

・早稲田大学「船越義珍の空手道近代化における貢献と警鐘」(PDF)
http://www.waseda.jp/sports/supoken/research/2009_2/5007A016_abs.pdf

・早稲田大学空手部「日本空手道史概観」(PDF)
http://www.waseda-karatebu.org/toumon/wp-content/uploads/2018/04/ob_kikou_nihonkaratedoushi.pdf

・東海大学体育会空手部「空手とは?」
http://tokai-karate.com/karete
スポンサーサイト



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

ジェド(jed)

Author:ジェド(jed)
ツイッター(@jed_restart)
https://twitter.com/jed_restart

オリジナルグッズ販売中!
https://jed-vin.booth.pm/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR